車買取ってどうなの?

車買取ってどうなの?本音トーク

車買取ってどうなの?と思われる方も多いでしょう。

まずやってみないと分からないことはあると思いますが、特に言うべきこともありません。実際は。

 

最初の発端は私の場合は下取りで0円だったのです。それから交渉をしていくとおまけというかお情けで下取り5万円の上乗せということになったのですね。

 

しかしこれではあんまりかなと思ったわけです。まあ古い車ではありますが、まだまだ動きますし、中もキレイですからね。

 

ただどうしてもこれ以上は出せないとディーラーに言われたのです。

 

そこで車買取査定なるものを見つけて、査定したところ最終的には15万円になりました。

 

まあ実質的には下取りが0円だった車が実は15万円にもなるということは非常に衝撃的というか驚きましたよね。

 

下取り査定料もとられるし本当は5万円もない

ディーラーの下取りの話にはまだ他にあって、実は下取りをすると査定料が取られます。

 

それが7000円くらいです。これはデカイです。だって下取りが5万円しかないんですよ?

 

すると43000円しか残らない…。買取査定は15万円丸々もらえます。多分、買取額の中に査定料も入っているのは分かるんですが、それでも高いですよね。

 

後は下取りに出しても税金が戻ってこないというのは大損かなと思いました。

 

自動車税は月割で廃車にするとお金が戻ってきます。自分の場合は半分くらいあったので2万円は戻ってくる筈だったのです。重量税も同じですね。2年先払いですからかなり戻ってくる感じです。

 

更に廃車業者からも廃車にするとお金が貰える場合も多いのでそうなると下取り実質43,000円というのは全然割りに合ってないです。

 

廃車にした方が実は得をするんじゃないのかとか思ったりしましたね。

 

ですからまずは買取査定をして、それで納得いかない金額なら廃車にした方が得なんじゃないかと個人的には最近思います。

 

ただ今度の買い替えはいつになるのか分からないので、これをご覧になっている方には損してほしくはないですね。

 

車買取 富山のトップページへ